占い風水師 「惺庵(せいあん)」の日々是好日

日々のことをゆるゆると綴っていきます。
鑑定話はお客さんに承諾を得てシェアした方がいいと思うことを書いています。

http://seian.info/
運氣が循環するよう、総合的な占い鑑定や風水調整を実践中である。 常に鑑定内容は幅広く、人間関係や恋愛問題、子育てから、企業や店舗の経営相談、独立や起業、転 職相談、生き甲斐の模索、スピリチュアル、等々と多岐にわたる。
各種イベント出演やセミナー、講演会もおこなう。

影響の変化を実感できる【体感できる風水セミナー】を東京、名古屋、大阪で好評開催中。
霊能者は完璧か?
 まったくそうではありません。
 よく、どこそこの占い師(チャネラー、霊能者)にこう言われたから
 どうしようと相談があります。
 世界にはすごい占い師や霊能者も多くおられますが、
 「?」と思われる方もおられます。

 つながっている霊や、その人の修行がどうこう、前世からどうというのはありますが、
 それ以前に、いろんなものが見えたり霊能があったりしたとしても、
 それは視力や聴力と同じような問題があると思います。

 確かに大多数の人は持ってないので便利な面はありますが、
 私たちが見間違い、聞き間違いや勘違いするのとおなじように、
 直感も霊感も同じように間違いはおこります。

 本当の霊感であったとしてもそれを捉えるときに
 その人の思い込みや勘違い、観念が入る場合が多いです。
 それをチェックするには、神道でいう審神者(さにわ)的な
 行為が必要ですが、非常に難しいです。


 またそういうものが見えるからすごいのか?
 というと、例えば目の不自由な人は見えるという世界は不自由かもしれませんが、
 普通の人からは想像できない聴力や、感覚をもっている場合が多く、
 その方面ではすごいといえると思います。
 見えているジャンルが違うだけです。

 ようは鵜呑みにしないで、ほんとかどうかはわからないけど、
 言われたことをどう捉えて、活かすか自分で考えてみるということですね。

 あたりまえなのですが、「あの人見えるんだって」という言葉で
 「そうなんだ」と丸々信じる人があまりに多いので…
 直感のすごい人、霊能でみえる人が、常にいいアドバイスをするということではありません。
 気をつけて。

 自戒の念も込めて。
| 惺庵 (せいあん) | 占いの姿勢 | 10:12 | comments(2) | trackbacks(0) |
占い師としてはまずいよね。
先日のライブで自転車の鍵をなくしてしまった
まぁスペアキーがあるので、次の日にとりに大丈夫だったんだけど。

ただ、けっこう占い師としてはショックだった。
というのはその数時間前からいろんなサインが出ていて、
それに気づきながらなんとも思わなかったこと。

鍵をカナビラにつけてるんだけど、その日はそれが重く感じたり、何か気になって、違和感を感じていた。
で、帰る段階でカナビラから鍵だけがなくなっていた。

僕の中では、
気づかなかったら仕方がない。(対応ができないという意味で)
気づいても大丈夫という判断をしていたのならそれも仕方がない。
気づいて判断せず、意識はしておくというのもOK
気づいていていながら、なんとなく、なにもしていないというのは、本当にまずいととらえている。


ある本によるとネイティブアメリカンのなかには、木の葉がゆれたのを見て誰が来るとわかる人もいるらしい。

もっとクリアに繊細に。

すっと、入ってくるもの、ふっと、出てくるものを大事にしていきたい。


| 惺庵 (せいあん) | 占いの姿勢 | 00:02 | comments(1) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ PROFILE
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES